No.12 小根山森林公園へのみち(群馬県)

「小根山(おねやま)森林公園へのみち」は、見所満載の個人的にもおすすめのコースです。
ルート的にはバイクでもほぼ設定通りに進むことができるのですが、中間地点となる肝心の小根山森林公園内が一部車両通行止となります。

このわずか数百メートルほどが通行できないため、広大な敷地の公園をグルッと迂回する必要があります。
ひらがなの「ひ」の字のような感じですね(^^;
 
 
まずは起点の横川駅。
ここに来たらもちろんこれですね。

たとえ自宅で食べたとしても、旅情感を楽しめる駅弁だと思います。
 
 
次に向かったのが「子育て地蔵尊」。
お堂にはなぜか二体のお地蔵様が並んでいます。

このお地蔵様、すぐそばを流れる矢の沢上流に古くから祀られていました。
ところが、明治時代の大洪水で流されてしまいます。
そこで新たに一体を納めたのですが、その後流された一体が下流の川底から奇跡的に発見されたそうです。

お堂の傍らには湧き水が流れており、だれでもいただけるようになっています。
 
 
 
続いて「碓氷関所跡」。
こちらはもう紹介するまでもありませんね。
 
 
 
ここから小根山森林公園へと向かいます。

山道を少し上がったところから「碓氷峠鉄道文化むら」が見下ろせます。
電車がまるでミニチュアのよう。
ついでにちょっと加工してよりそれっぽく、、、見えないか? (^^;
 
 
 
小根山森林公園は野鳥観察と森林浴がメインに楽しめる施設だそうです。

車道は公園内を貫いているようですが、管理棟近くからは車両通行止となっていました。

人も少なくとても静かなところです。
新緑の季節に歩くのはきっと気持ちよいでしょうね。

 
 
来た道を引き返し、公園の反対側まで行きます。
そして、道標を確認しながらコース最後の「仙ヶ滝」へ。

 
 
九十九川の流れを落とす「仙ヶ滝」は、想像以上に迫力があり見事です。
全体のバランスが良いのでしょうか、規模は小さいながらもすばらしい景観に映ります。

しかしながら、落差約15mのこの滝にはとても悲しい物語が…。
 
 
 
水の舞う姿をしばし眺め、誰もいない名所を後にしました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中