Canon IXY 410F

フォトライフに新しい仲間が加わりました。
キヤノンの「IXY 410F」。


 
 
これまで、ツーリングのお供として「Lumix DMC-FX7」、「PowerShot TX1」や「ソニー DSC-HX5V」など、いくつかのコンパクトデジカメを使ってきました。
ただ、画質は十分なものの、いずれも使い勝手の面でどうしても不満な点が…。


 
 
バイクを止めて、カメラを取り出しストレスなくシャッターを押すことができる。
作品性より速写的記録性重視とでも言いますか。

そのための最低条件として、

  • できるだけ小型軽量でかさ張らない。
  • 不用意にモード設定が変わらない(ダイヤル式など)。
  • グローブをはめたままでもある程度が操作できる。
  • とにかく起動や処理スピードが早い。


 
 
ここにきて、そんな不満点を解消できそうなモデルが、1万円後半台の価格に。
でもって、思わずポチリと…。
 
 
 
これで手持ちのカメラは「EOS 5D」、「シグマ DP2」との、3機種が揃いました。
(ここからの写真はすべて410Fで撮影)


 
 
「5D」は、室内でのブツ撮りを中心に、結婚式やライブコンサートなどのイベント用。
「DP2」は、あくまで撮影目的の旅行用。


 
 
で、今回の「410F」は、バイクでのおもに林道ツーリング用。
と使い分けが整ったわけです。

ちと、贅沢ですね (^^;


 
 
 
そんなわけで、あとは思惑通りに使いこなせればいいんですけど (^^;;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中