X3Fの現像

投稿日:

シグマのDP2で撮影する際は、必ずRAWで記録しています。
Foveonセンサーが作るせっかくの素材の良さを少しでも活かせればと…。
 

 
 
Sigma Photo Proもバージョンが5になってから、安定性や処理速度が向上しているものの、なかなかイメージ通りの色になってくれないことが多い。

SPPの場合、ハマればすばらしく期待通りの画が出てくるだけに、うまく調整できない時のイライラ感がなんとも残念。
もっとも、使い方が悪いだけかもしれませんが (^^;
 

 
 
なので、一度SPPのオートで確認。
それを参考に調整範囲が広いAdobe LightroomでRAW現像するという面倒なことをしています。
 

 
 
モノクロ基調にしたときも、X3Fの持つ階調の豊かさが出てまたいいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中