Promenade Abt

峠好きのバイクツアラーで、コレを見てピンとくる人。
結構いるんじゃないかなぁ…。


 
 
180以上ものカーブが連なる旧国道18号線。
バイパスや高速道路ができても、ツアラーにとっての”碓氷峠”はやはりここでしょうか。

この碓氷峠と平行して通っているのが、遊歩道「アプトの道」。
旧信越本線跡を歩いて巡ることができます。


 
 
整備されている区間はほんの一部。
まだ多くの軌道や架線跡を垣間見ることができます。


 
 
雑草に覆われた残骸たち。
はかない無常観を覚えずにいられません。


 
 
もののあはれ… か。


 
 
その傍らで夏草に乗る水滴の瑞々しさがなんとも対照的。

ちなみに、Canon IXY 420Fのオート(マクロ)で撮影。


 
 
いくつかのトンネルを抜けると、そこは碓氷第三橋梁、通称「めがね橋」の上。

レンガ造りの4連アーチ橋は、明治から大正にかけての文明開化期を思わせる建築様式。
大正浪漫好きにはたまりません。


 
 
苔むした欄干部分。
歴史の深みを表しているかのようです。


 
 
このまま横川に下りたら、
そう、峠の釜飯と力餅が待ってるね。

2件のコメント 追加

  1. いたさん より:

    おおおー。いいですねぇ。廃線跡好きの私としては萌え~です。

    1. yterasawa より:

      大正ロマンを感じさせる物が好きなのですが、ここはもちろん最近行った足尾といい廃墟系にも目覚めそうです (^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中